ロゴ

オーダメイドインソールに関するお知らせ

NEWS
2024.06.22
「足の疾患 足底筋膜炎」サワムラヤ5代目店主のひとくちコラム⑦

「靴」と「歩く」の専門家として、これまでに学んだことや体験をしたことを「ミニコラム」として、お話しさせて頂きたいと思います。

どうぞ、お付き合いください。

 

今回は、「足のトラブル・足底筋膜炎について」です。

足底筋膜炎とは?

 

足底筋膜炎は、足裏に大きな負荷がかかりすぎることによって引き起こされる炎症の疾患です。足底筋膜は、かかとの骨からはじまり足の指へ放射状に繋がっている繊維組織の束であり、運動するだけでなく、普段の生活の動きの中でも衝撃を軽減させるスプリングのような働きをしています。しかし、マラソンや走り回るスポーツのように足裏に強い圧力と刺激をかけ続けることにより、足底筋膜を形成するコラーゲンの組織が損傷し、炎症が生じて痛みを引き起こします。足底筋膜炎は、起床時に強い痛みを感じることが特徴的です。

 

足底筋膜炎の症状

 

足底筋膜炎の主な症状は、かかとから土踏まずにかけての痛みです。特に初期の場合、朝起きてすぐやトレーニングの開始時などの動き始めの際に感じます。症状が進行すると、立ち仕事で長時間立っている時や長時間歩行を続ける時、階段の上り下りなど、足を使う動き全般に痛みを感じやすくなります。痛みがひどくなると、歩けないほどの症状になり、かかとの内側を刺すような激しい痛みが続くこともあります。

 

足底筋膜炎の原因

 

足底筋膜炎の主な原因は、足底筋膜に過度な負荷がかかることです。以下は原因の一部です。

 

過剰な運動: マラソンやテニスなど走り回るスポーツは、足底筋膜に繰り返し圧力がかかります。この刺激が過度になると、足底筋膜が硬くなり痛みを感じやすくなります。

 

扁平足: 扁平足の人は足底筋膜炎になりやすい傾向があります。扁平足だと足底筋膜が常に引っ張られた状態になり、圧力がかかりやすくなります。

 

足底筋膜炎の治療法

インソール(足底板)

靴の中敷きとして使用します。

インソールを装着することで、足底筋膜への負荷を分散させ、痛みを軽減できます。

足底筋膜炎の症状が軽い場合は、インソールが有効な治療法となり得ます。

 

サポーター

土踏まずのみをカバーする扁平足サポーターや、土踏まずから足首までの広範囲をカバーするサポーターなどがあります。

歩行を手助けして足底筋膜への負担を軽減します。

 

足底筋膜炎によいマッサージとストレッチ

 

ふくらはぎ柔軟性テスト

当店に「足の裏が痛い」と来店されたほとんどのお客様に共通して言える事は「ふくらはぎが固い」という事です。

当店に設置してある「ふくらはぎ柔軟性テスト(ストレッチボード)」を行うと、合格点 25度の角度で立っていられないお客様が非常に多いです。それと、踵を着けたまましゃがめないお客様もいます。

ふくらはぎの柔軟性を保つことが足底筋膜の緊張をほぐし痛みの緩和にも繋がる考えられますので、痛い方は、ぜひふくらはぎのマッサージ&ストレッチをしてみて下さい。

当店の足底筋膜炎の方の対応や靴選びについてはこちらのブログをご覧ください。

 

最後までありがとうございました。

サワムラヤ靴店 HP https://sawamuraya.net


自宅に届くオーダーメイドインソール「足楽インソール」https://order-insole.net

NEWS LIST
買い物カゴ
買い物カゴ背景

オーダーメイドインソール

〒300-1234 茨城県牛久市中央3-27-4
TEL:029-873-2725